マイルミチ

旅に出たり、美味しいものを食べたり、する日々。のキロク。

(大阪:西天満)「鳥匠いし井」の2階「鳥傳囲」で「焼鳥と水炊きコース」を満喫する。

f:id:milelove:20200722235946j:plain

大阪の人気焼鳥屋さん「鳥匠いし井」が福島から西天満へ移転したというのは聞いていましたが、2020年6月末に、2階で「鳥傳囲(とりでんかこい)」という別業態のお店を始めており、「水炊き+焼鳥コース」が頂けるということで、早速訪問しました。

 

「水炊き」って専門店で食べる事が多く、本格的な焼鳥との組み合わせは未経験ですので、鶏好きとしては、ワクワクしながら訪問しました。

 

2回転目でしたので21:30からと遅い時間になっており、既に真っ暗でしたが、店舗は古民家を改築した素敵な雰囲気でした。

 

「鳥傳囲」の座席数は、カウンター6席、座敷4席の10席のみ。ちょっとした集まりで貸し切りなども出来れば素敵かもしれません。

 

f:id:milelove:20200723000650j:plain

ホロホロ鳥、ハーブサラダ、バゲット+自家製レバーペーストからのスタート。ホロホロ鳥は勿論のこと、ハーブも美味、そして、間違いのないレバーペーストでテンションを高め、焼鳥へ向けて準備が整います。

 

f:id:milelove:20200723001141j:plain

焼鳥は、せせりから。大ぶりなポーションに旨味が凝縮。焼き加減も香ばしくて良い感じ。

 

f:id:milelove:20200723001324j:plain

立派なズリ。こりこりした食感と共に味わいます。

 

f:id:milelove:20200723001432j:plain

かわいいお皿に乗って、つくねが登場。塩とタレ、両方って良いですよね。食べ比べを楽しんでいると、あっという間に無くなりました。軟骨入っているコリコリも楽しめるタイプ。

 

f:id:milelove:20200723001612j:plain

続いて、ハラミです。ハラミって何故こんなに美味しいのでしょう。

 

f:id:milelove:20200723001802j:plain

焼鳥の最後はかしわでビシッと。これぞ鳥の旨味、を味わいます。

 

f:id:milelove:20200723001843j:plain

焼鳥を満喫し、いよいよ水炊きの準備となります。柚子胡椒、生七味などの調味料も。

 

f:id:milelove:20200723002054j:plain

 自家製ポン酢、塩、ネギ、唐辛子、などの調味料もお好みで。

 

f:id:milelove:20200723002342j:plain

福岡式の最初はかなり薄いスープではなく、最初からある程度の濃いスープで提供されます。

 

f:id:milelove:20200723002431j:plain

本日の具材です。美味しそう!鳥がプリプリ。

 

f:id:milelove:20200723002452j:plain

どこからどう見ても美味しそうなつくね。

 

鍋は全て作って頂けるので、出てきたものを食べていれば幸せになれる、というシステムです。

 

f:id:milelove:20200723002509j:plain

まずは一杯目の鶏スープ。すでに美味しい。

 

f:id:milelove:20200723002534j:plain

胸肉と手羽元から頂きます。手羽元はホロホロ、胸肉も旨味がじゅわーで美味しい。

 

水炊き用の鶏は青森シャモロックを使用しているとのこと。出汁が良く出て、鍋に向いているとされている品種です。

 

f:id:milelove:20200723002826j:plain

鶏スープ2杯目。だんだん濃くなるスープを飲むために水炊きを食べているのかもしれない。

 

f:id:milelove:20200723002917j:plain

もも肉、つくね。もも肉も美味しいのですが、自家製つくねは、期待通りフワフワで美味しい。

 

f:id:milelove:20200723003011j:plain

キャベツとつくね。キャベツの甘み、そして、つくねアゲイン。ふわふわアゲイン。

 

f:id:milelove:20200723003057j:plain

ネギとえのき。鶏の余韻を感じながら、さっぱりと、ですね。

 

f:id:milelove:20200723003156j:plain

3杯目の旨味が凝縮された鶏スープ。いつも思うけど(?)、これ持って帰りたい。

 

f:id:milelove:20200723003238j:plain

シメは麺か雑炊が選べますが、せっかくの鶏スープを満喫したいので、両方お願いしました。硬めの自家製麺、美味しい。

 

f:id:milelove:20200723003332j:plain

最後は雑炊で、残った鶏スープを全部平らげました。この雑炊の為に、頑張って出汁を取ってきたと思うと(?)、感慨深いです。シメの雑炊食べていると、鍋って最高!と思いますよね。

 

f:id:milelove:20200723003500j:plain

デザートは白ワインゼリーと、下にキウイ&ブルーベリー。最後はさっぱりと。

 

ということで、焼鳥から水炊きコースにて鳥尽くしを満喫しました。焼鳥が名店「鳥匠いし井」の焼鳥をベースにしている、というのはこのお店の強みですし、1階で焼鳥屋さんをやっているからこそ、2階でも焼鳥を出せるとおっしゃっていました。確かに水炊きだけのお店が焼鳥用の鶏を準備しておくのは至難の業ですよね。

 

「水炊き」を始めるという事で、福岡にも視察に行っており、同じく焼鳥屋さんがやっていて個人的にお気に入りの「橙」について聞いたところ、やはり訪問したとのことでした。

 

なんとなく「大阪で水炊きを食べよう」とは、あまり思わないのですが、焼鳥とセットということであれば、このお店だけの強みですし、アリだな、とは思いました。

 

ただ、水炊きのみのコースで5,000円++(焼鳥付のコースは6,500円++)は、難しいところですが、水炊きとしては安くは無いですね。福岡なら1人前3,000円前後で食べる事が出来ますから。大阪の場所代、座席は10席のみ、鶏も青森シャモロック、なので、納得はするのですが。

 

なんだかんだ言って、鶏好きには「鳥匠 いし井」と共に、要チェックなお店であることは間違いありません。鍋は水炊きだけではなく、「鳥すき」なども提供予定とのこと。そちらも楽しみですね。

 

きっと、また焼鳥と水炊きをで鶏にまみれたくなって、訪問しているでしょう♪

 

それでは、また。次回の美味しいお店でお会いしましょう。

【鳥傳囲】

住所:530-0047 大阪府大阪市北区西天満3-11-4

電話:06-6130-9480

駐車場:無し(周辺にコインパーキング有り)

営業時間:17時~24時

定休日:不定休

予約:電話、OMAKASE