マイルミチ

「旅に関するコト」「飛行機に乗るコト」「マイルを貯めるコト」の情報発信を目指すブログ。

食べるためだけに宿泊したい秘境のオーベルジュ 「チミケップホテル」 旅行記

f:id:milelove:20180926221349j:plain

今回の旅行記は「チミケップホテル」の紹介をお届けします。

 

「チミケップホテル」?

北海道東部チミケップ湖のほとりにある、開業は1987年という歴史の有るホテルです。創業当時にリゾートホテルとして話題になったこともあるそうなので、聞いたことが有る方もいらっしゃるかもしれません。

 

「チミケップホテル」は、現在「オーベルジュ」として営業しています。

 

「オーベルジュ」?

「オーベルジュ」とは「宿泊設備を備えたレストラン」のこと。通常のホテルとは違い、レストランがメインというコンセプトです。

 

それでは、何故、今回の旅で「チミケップホテル」に宿泊したのでしょうか?

それは、風の噂(?)で「レストランでのディナーがとんでもなく素晴らしい」ということを聞いたからです。

 

さっそくレストランの紹介をしたいところですが、その前に、、、今回の記事では、まずは「チミケップホテル」の部屋、ホテルの素晴らしい雰囲気などを紹介します。

 

 

チミケップホテル概要

住所:〒092-0358 北海道 網走郡津別町字沼沢204 

部屋数:全7室

開業年:1987年

チェックイン:15時

チェックアウト:10時

アクセス:女満別空港から車で約70分、北見駅から車で約40分。

※車でのアクセスについては、事前に周辺道路の通行止め等、ホテルへ確認しましょう。

無料送迎:11月1日から4月27日は北見駅から無料送迎有。

※無料送迎は事前予約が必要となります。

公式Web:http://www.chimikepphotel.com/

 

チミケップホテルへのアクセス

最寄りの空港が「女満別空港」、さらに空港から車で約70分掛かりますので、決してアクセスは良くありません。いや、はっきり言って「悪い」です。

 

しかし、その「アクセスの悪さ」は、逆にホテル周辺の「自然のまま」という素晴らしい環境を期待させるものでもあります。

 

f:id:milelove:20180926231649j:plain

女満別空港から約40分程度走ると、ホテルへの道は未舗装の山道になります。

 

f:id:milelove:20180926232016j:plain

途中、本当に正しい道なのか不安になるほどの山道を進みます。

「1本道なので間違えるはずないよなぁ、そろそろホテルが出てくるはず、、、」

という突き当りで、この看板が出てきて、ほっと安心しました♪

 

f:id:milelove:20180926232357j:plain

看板を過ぎると、ほどなくホテルが見えてきて、到着となります。山奥の隠れ家、という雰囲気ですね。

 

チミケップ湖 

「チミケップホテル」はその名の通り「チミケップ湖」のほとりに有ります。

 

f:id:milelove:20180926232928j:plain

「チミケップ湖」は周囲7キロほどの小さな湖ですので、観光開発などの手が入っておらず、自然そのまま、という素晴らしい湖です。

 

f:id:milelove:20180926233251j:plain

湖を眺めているだけでも、非常に豊かな気持ちになりますが、「チミケップホテル」では、カヌーのレンタルも可能です。

 

f:id:milelove:20180926233749j:plain

カヌーで漕ぎ出せば、誰も居ないチミケップ湖を貸し切りです。これは素晴らしい経験だと思います。オールも慣れれば問題なく使えました。レンタル料金は1時間2,000円です。利用は先着順ですので、必ず利用したい場合は事前予約がベターです。

 

f:id:milelove:20180926234025j:plain

カヌーの他に、マウンテンバイク1台1時間1,000円、ルアー釣り1台1時間1,000円のレンタルも有ります。マウンテンバイクで湖の周りをサイクリング、というのも楽しそうですよね。

 

チミケップホテルの雰囲気

f:id:milelove:20180927225437j:plainf:id:milelove:20180927225512j:plain

f:id:milelove:20180927225526j:plain

こちらが正面。開業から30年を超えているとは思えない素敵な外観です。

 

f:id:milelove:20180926234724j:plain

 こちらは湖側の雰囲気です。

 

f:id:milelove:20180926235224j:plain

そして、お楽しみのディナーを頂くレストランがこちら。カジュアルな雰囲気で落ち着いて料理を堪能することが出来る空間でした。

 

f:id:milelove:20180926235601j:plain

レストランの横には暖炉とソファーのコーナーも。ゆっくり読書などが出来る空間となっています。

 

f:id:milelove:20180927000459j:plain

チェックインはこちらの暖炉の前で。十勝の黒豆茶とハッカ入り甘納豆と共に。

 

それでは、部屋へ行きましょう。

 

部屋について

部屋の種類は4種類です。和室のみ1階で残りは2階となります。

ダブルルーム(15平米)1部屋

ツインルーム(20平米)4部屋

デラックスツインルーム(40平米)1部屋

和室 1部屋

 

今回は一番コンパクトな「ダブルルーム」に宿泊しました。

 

f:id:milelove:20180927000835j:plain

15平米なのでコンパクトにまとまっている部屋です。こちらの部屋にはリラックスする為に、TVも時計も有りません。

 

f:id:milelove:20180927001902j:plain

ティーセットはクッキーと共に用意されています。

 

f:id:milelove:20180927002049j:plain

冷蔵庫も完備。水は無料、お茶は¥200、ビールは¥300です。

 

f:id:milelove:20180927001210j:plain

f:id:milelove:20180927001222j:plain

バスルームはユニットバスです。温泉などが有るとテンションが上がるところですが、レストランに特化した「オーベルジュ」ということで、仕方のない部分かと思います。

 

f:id:milelove:20180927002354j:plain

参考までに、こちらはツインルームの雰囲気です。20平米ですので、やはりダブルルームよりもスペースに余裕があります。

 

三匹の仲間について

突然ですが、ここで、チミケップホテルで飼っている3匹の犬を、紹介だわん♪

 

f:id:milelove:20180927002711j:plain

 まずは終始じっとしていた「CHIMI(チミ)」ちゃん。

 

f:id:milelove:20180927002905j:plain

 続いて、終始ワンワン嬉しそうに吠えて動き回っていた「KEPP(ケップ)」ちゃん。

 

f:id:milelove:20180927003109j:plain

そして、最後に愛らしい表情が素晴らしくて、虜になってしまった「レイク」ちゃん。

 

3匹合わせて「チミ ケップ レイク」ですね♪ 

 

まとめ

f:id:milelove:20180927004634j:plain

 ということで、今回は「チミケップホテル」の 雰囲気、部屋の紹介をお送りしました。

 

もちろん滞在のメインはレストランでのディナーなのですが、人の手が入っていないチミケップ湖の雰囲気は素晴らしく、日ごろの喧騒を忘れてゆっくりするには最適のロケーションだと感じました。

 

たまには、何も考えずにゆっくりする為に旅に出るのも良いものですよね。

 

さて、次回の記事では、メインイベント、レストランでのディナーのレポートをお届けしていますので、是非ご覧ください。

 

www.mairu-michi.com

  

以上、ためたろうでした。