読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルミチ

「飛行機に乗るコト」「マイルを貯めるコト」「旅に関するコト」の情報発信を目指すブログ。

(ケルン)大聖堂とリモワと私

今回の旅行では「デュッセルドルフ中央駅」から電車(IC/RE)で約30分の「ケルン中央駅」へ足を延ばしてみました。

 

電車でケルン中央駅へ

f:id:milelove:20160516211948j:plain

いざ、デュッセルドルフ中央駅からケルン中央駅へ向けて出発~。

 

f:id:milelove:20160516212246j:plain

ケルン中央駅が近付くと、「ドーン」と「ケルン大聖堂」が姿を現します。さすがの存在感。さすが世界遺産。

 

ケルン大聖堂

f:id:milelove:20160516212447j:plain

ということで、駅から歩いてすぐ、迷うことなく大聖堂に到着です。

 

f:id:milelove:20160516212524j:plain

正面から。大きすぎてカメラに収まりません。

 

「ケルン大聖堂」の中は現地に行ってからのお楽しみ、ということで。

素敵な雰囲気でした。

 

リモワ本店へ!

さて、ケルンに来た目的はもう一つ。

f:id:milelove:20160516212839j:plain

そう、ケルンには「リモワ」の「本店」が有るのです。

リモワ好きとしては、立ち寄らざるを得ません。

 

f:id:milelove:20160516213214j:plain

1階は日本の路面店と同じような作りでした。世界共通なんでしょう。

そして、2階はギャラリーになっています。

2階に上がっても特に店員さんのマークが付くということもなく、「自由に見て下さい」という感じでした。

 

f:id:milelove:20160516213428j:plain

トランクケースも最初はこんな感じで「洋服ダンス」を持ち歩く感じだったんでしょうね。旅の歴史を感じます。

 

f:id:milelove:20160516213607j:plain

映画で使われたリモワのスーツケースたちです。「ドラゴンタトゥーの女」は良い映画でしたよねー。

 

後は、トランクケースがどんなパーツで出来ているかの説明等も有り、興味深かったですね。

 

ということで、リモワ本店を堪能した後、今一度「ケルン大聖堂」を堪能すべく、隣の駅まで歩いてみました。

f:id:milelove:20160516222417j:plain

 「ケルン大聖堂」を「背」に、矢印の方向へ歩いて、赤い四角で囲った「ケルンメッセ駅」へ。歩きだしてすぐ気付いたんですが、このルートを取るなら、「逆」ですね。

「ケルンメッセ駅」から「ケルン大聖堂」へ向かえば、歩きながら近付いてくる「ケルン大聖堂」が堪能出来るという訳ですが、駅方面へ歩いていくとなると、「ケルン大聖堂」を「背」にしている訳ですから、まったく見えません。。。

どうりで、歩いている間、すれ違う人ばかりだった訳です(笑)

 

f:id:milelove:20160516222933j:plain

ちなみに橋のフェンスには大量の南京錠がびっしり。イニシャルを書いて「愛」を誓っているそうです。青春って素晴らしい(?)。

 

f:id:milelove:20160516223206j:plain

そんなこんなで、橋を渡るとこんな素敵な景色。川越しの「ケルン大聖堂」。

「ケルン大聖堂」を「背」に橋を渡ってきた甲斐が有りました。

 

まとめ

ということで、今回は「ケルン」の雰囲気を紹介させて頂きました。どなたかの旅のお役に立てれば幸いです。

以上、ためたろうでした。

 

デュッセルドルフの素敵なホテル「インターコンチネンタル」については、以下記事をどうぞ。 


スポンサーリンク