マイルミチ

「飛行機に乗るコト」「マイルを貯めるコト」「旅に関するコト」の情報発信を目指すブログ。

シュロスレストラン ノイシュヴァンシュタイン (朝食&部屋) 宿泊記

「ノイシュヴァンシュタイン城」に最も近いホテル「シュロスレストラン ノイシュヴァンシュタイン」を今回はご紹介。

 

このホテルは、元々「ノイシュヴァンシュタイン城」を建設する際の作業員宿舎として使っていた建物なので、ロケーションは抜群なのですが、立派な「ホテル」という造りではありません。ただ、そんなことはどうでもよくなるメリットが有ることは、以下記事にまとめている通りです。 

 

さて、それではホテルの部屋と朝食を順番にご紹介。

-------------------

【シュロスレストラン ノイシュヴァンシュタイン】

チェックイン:14:00~18:00

チェックアウト:11:00

アクセス:フュッセンから車で10分程度。

今回のお部屋:ダブルルーム(バスルーム付)

このホテルは全9室の小規模な作りになっており、バスルームが共用のタイプの部屋も有ります。

 

f:id:milelove:20160620015748j:plain

部屋に入るとこんな雰囲気です。広くは無いですが、日当たりの良い明るい部屋です。

 

f:id:milelove:20160620020758j:plain

ウエルカムフルーツ有り。林檎とみかん。

 

f:id:milelove:20160620020836j:plain

TVも完備です。ブラウン管。

 

f:id:milelove:20160620020918j:plain

トイレもきちんとあります。

 

f:id:milelove:20160620020941j:plain

バスルーム付の部屋ですので、不都合無く使えるシャワーも完備。

 

f:id:milelove:20160620021022j:plain

ただ、アメニティ等は全くなくタオルが置いてあるだけです。諸々は持参する必要が有りますね。

 

f:id:milelove:20160620021104j:plain

ベッドは天蓋付。マットレスはかなり柔らかいタイプでした。

 

f:id:milelove:20160620015917j:plain

入口の雰囲気です。ドアも簡単な作りです。 

 

f:id:milelove:20160620020118j:plain

もちろんカードキーなどでは無く、おもり付の歴史の重み(?)を感じることが出来る「鍵」。赤いゴムがついている鍵が18時以降通用口から出入りする際に利用する鍵です。

 

f:id:milelove:20160620021347j:plain

これだけ近いので「キャッスルビュー」 かと思ったのですが、相当身を乗り出して、写真のようにかろうじてお城が見える状態でした。まあ、外に出ればすぐそこにお城が有るというロケーションなので部屋から見えなくても問題は無いのですが。

 

f:id:milelove:20160620021525j:plain

廊下です。ホテルの雰囲気が伝わりますよね。

 

f:id:milelove:20160620021605j:plain

部屋を出て階段を下りたら、レストランの従業員の方が働いているエリアに出ますので、従業員通路のようなところを抜けて外に出ます。

 

では、続きまして、朝食のご紹介。

f:id:milelove:20160620021947j:plain

牛乳、オレンジジュース、フルーツヨーグルト。

 

f:id:milelove:20160620022024j:plain

シリアル、ジャム類。

 

f:id:milelove:20160620022045j:plain

パン、ハム、チーズ。

 

f:id:milelove:20160620022107j:plain

ちょっとだけ野菜(他にトマトも有り)。

 

f:id:milelove:20160620022132j:plain

ベーコンとソーセージ。

 

f:id:milelove:20160620022149j:plain

種類は多く無いですが、必要最小限のものは揃っていますので、問題無い朝食となりました。

 

ということで、今回はとにかく「ノイシュヴァンシュタイン城」に近いことが最大のメリットとなっている「シュロスレストラン ノイシュヴァンシュタイン」を紹介してきました。ホテルとしては必要最小限となっているのは、仕方ないと思いますので、是非旅のプランを立てる際の参考にして頂ければ幸いです。

 

⇒「シュロスレストラン ノイシュヴァンシュタイン」の予約はこちらから。

 

以上、ためたろうでした。

スポンサーリンク