マイルミチ

「飛行機に乗るコト」「マイルを貯めるコト」「旅に関するコト」の情報発信を目指すブログ。

ホテルを「公式サイト」で予約する時に活用すべきサイト Mr.Rebates の使い方。

(2017年7月2日:一部記事修正および追記しました)

f:id:milelove:20170621234409j:plain

みなさんは「ヒルトン」や「インターコンチネンタル(IHG)」、「SPG」などの外資系ホテルグループのホテルを予約する際、「公式サイト」から予約することが多いと思います。

 

その理由としては、「公式サイト」は基本的に最低価格保証、各ホテルの上級会員になるには「公式サイト」で予約した宿泊しかカウントされない、上級会員の特典は「公式サイト」の予約でしか享受出来ない、などなどですよね。

 

ところで、その「公式サイト」での予約の際に、経由することでキャッシュバックを受けることが出来るサイトが有ることをご存知でしょうか?

 

そのサイトの名は「Mr.Rebates」。ホテルを「公式サイト」から予約する際に経由すれば一定の割合で(割合は変動します)、キャッシュバックを受けることが出来ます。

Mr. Rebates

↑一見かわいいマスコットキャラクター「Mr.Rebates」のサイトへはこちらからどうぞ。サイトへ行くと、彼が実はドル袋で、両手にドル札の束を持っている姿を見ることが出来ます(笑) 

 

「Mr.Rebates」をまだ利用していない方は、この記事を読んで、今後は是非活用してお得にホテルに宿泊しましょう♪

 

Mr.Rebatesとは?

海外版のポイントサイトです。還元がポイントではなく直接キャッシュバックされるのが日本のポイントサイト「ハピタス」などと異なる点です。

 

「Mr.Rebates」では「Amazon」などの様々な提携サイトでキャッシュバックを受けることが出来ます。しかし、一番注目すべきなのは日本のポイントサイトが弱い、外資系ホテルグループの宿泊予約でもキャッシュバックを受けることが出来るという点です。

 

それでは早速「Mr.Rebates」を見てみましょう。

f:id:milelove:20170621210642j:plain

右上の「Search Stores or Products」に探したいホテルやショッピングサイトの名前を英語で入力し検索すると、現在のキャッシュバックの割合が確認できます。ホテルの場合はだいたい2%~10%の間で変動しますので、出来れば10%キャッシュバックの時に利用したいものですね。

 

f:id:milelove:20170621220705j:plain

例えば、このように表示されさば「インターコンチネンタルホテル」では 10%のキャッシュバックを受けることが出来ると確認できます。安くはないホテルの宿泊料金、このように少しでもお得になるのであれば、利用しない手は無いですよね。

 

ということで、さっそく、申し込みからキャッシュバックを受けるまでの道のりを解説していきます。

 

Mr.Rebatesの会員になろう

Mr. Rebatesは海外サイトですので、基本的にサイトは英語となります。

f:id:milelove:20170621214222j:plain

会員になるには、右上の「join」をクリック。

 

f:id:milelove:20170621214819j:plain

・ ログインの為の「メールアドレス、パスワード」

・「Referral Email」は紹介者のメールアドレスなので空欄でOKです。

・名前と住所を英語表記で。住所はキャッシュバックを小切手などで受ける場合に必要なのですが日本在住の場合利用出来ないので、あまり深く気にしないでOKです。「State」は選択しなくてもOK。「Country」は日本在住なら当然「Japan」。

 

ちゃんと入力したことを確認して、「Create Your Account」をクリックして登録完了です。

 

ホテルを予約してみよう

それでは早速ホテルを予約してみましょう。

f:id:milelove:20170621221234j:plain

 「InterContinental Hotels & Resort」を検索し、「ShopNow」をクリック。

 

f:id:milelove:20170621221348j:plain

するとこのような画面が出て、ほどなくして「公式サイト」につながります。そのあとはいつものように「公式サイト」で予約をすればOKです。簡単ですよね。

 

宿泊実績が反映されることを確認

f:id:milelove:20170621222948j:plain

実績の確認は「My Account」の「Account Balance」で見ることが出来ます。チェックアウト後、だいたい3日程度で「Pending Cash Back」に実績として出てきます。

 

その後、「Mr.Rebates」では、支払いまでの保留が「90日間」となりますので、気長に待ちましょう。90日経ってキャッシュバック可能になった金額は「Available Cash Back」に表示されます。画像で表示されてる$5は、最初の利用時にボーナスで貰える$5となります。

 

=90日後=

 

f:id:milelove:20170621225050j:plain

90日経つと、宿泊実績のキャッシュバック分が「Available Cash Back」に移って、いよいよキャッシュバック可能になります。注意点としては、キャッシュバックの最低金額が決まっており、最低10ドル無いと、キャッシュバックされません。

 

そして、画像では別の宿泊実績が「Pending Cash Back」に出てきていますね。この実績もまた、90日熟成させた後に「Available Cash Back」に移ります。

 

キャッシュバック先は「PayPal」の口座

日本在住の場合キャッシュバックには「PayPal」口座が必要となります。

www.paypal.com

まだPayPalの口座を持っていない方は、90日間の熟成期間中に口座を作っておきましょう。ここでの注意点は「プレミアアカウント」(無料)のPayPal口座が必要ということです。

「プレミアアカウント」のPayPal口座でないと他サイトからの入金を受け取ることが出来ず、すなわちキャッシュバックが受け取れません。

 

f:id:milelove:20170621230837j:plain

すでにPayPal口座を持っていて「プレミアアカウント」ではない場合は、画面左下「アカウントのアップグレード」から「プレミアアカウント」への変更手続きを進めましょう。

 

「プレミアアカウント」にアップグレードするには本人確認書類の提出が必要となりますが、「Mr.Rebates」でキャッシュバックを受ける為です。忘れずに手続きを完了しておきましょう。

 

(※記事掲載当初「ビジネスアカウント」が必要と書いていましたが、個人の場合「プレミアアカウント」でも受け取り可能ですので、訂正しました)

 

PayPalにキャッシュバックを受けよう 

それではいよいよキャッシュバックの手続きをします。Mr. Rebatesの画面上部「My Account」から「Request PayPal」を選びます。 

f:id:milelove:20170621231854j:plain

ここでPayPalに登録しているメールアドレスを入力して、「Request PayPal Payment」をクリックすれば、キャッシュバックの手続き完了。これまたあっけないほど簡単ですよね。

 

f:id:milelove:20170621232013j:plain

次の画面で、翌月の1日に支払い手続きが行われる、と説明が出てきます。基本的に手続きをした翌月1日に手続きが行われると覚えておきましょう。この画像の場合は5月に手続きしたので6月(June)に手続きとなっています。

 

f:id:milelove:20170621232219j:plain

キャッシュバックの手続きが終わると「Status」が「Paypal Processing」になります。

 

f:id:milelove:20170621232428j:plain

 そして、支払い手続き日になると、「Status」が「Paypal Sent」に変更になります。

 

f:id:milelove:20170621233111j:plain

そして、支払いが有ったというメールがPayPalから届いて、無事キャッシュバックが完了したことが確認できました。めでたし、めでたし。

 

PayPalから出金する際の注意点

PayPalから日本の銀行口座に出金する際に注意点が有ります。5万円以上引き出す場合は手数料は無料ですが、5万円未満の引き出しの場合は300円の手数料が掛かるということです。覚えておきましょう。

 

 

まとめ

ということで、今回はホテルを「公式サイト」で予約する際に、経由するとキャッシュバックを受けることが出来るサイト「Mr.Rebates」を紹介してきました。

 

↓まだ利用していない方は、今すぐ登録してお得にキャッシュバックを受けましょう。

Mr. Rebates

ホテルを予約する際、スタートは「Mr.Rebates」 から!今後は忘れないようにしましょうね。

 

キャッシュバック率は結構変動するので、うまく10パーセントの時を狙いたいものですが、ホテル側のセールなどとの兼ね合いもあり、実際は結構頭を悩ませることになると思います。それもまた、楽しいんですけどね。

 

以上、相変わらずホテルの宿泊料金の変動に翻弄されている、ためたろうでした。

スポンサーリンク