マイルミチ

「飛行機に乗るコト」「マイルを貯めるコト」「旅に関するコト」の情報発信を目指すブログ。

日本初のデザイナーズホテル「ホテル イルパラッツォ (IL PALAZZO)」 スタンダードダブル 宿泊記

普通のホテルとは少し違う「デザイナーズホテル(デザインホテル)」。日本にも多くの「デザイナーズホテル」が有りますが、日本初の「デザイナーズホテル」ってご存知でしょうか?

 

実は、日本初の「デザイナーズホテル」は福岡にある「ホテル イルパラッツォ(HOTEL IL PALAZZO)」」なんです。今回、その「ホテル イルパラッツォ」に宿泊する機会が有りましたので、レポートさせて頂きます。

 

f:id:milelove:20170108112439j:plain

中心の建物が「ホテル イルパラッツォ」です。近くを歩いたことある方なら「あの建物なんだろう?」と印象に残っているかもしれません。

 

f:id:milelove:20170108121053j:plain

近付くとこの存在感。 

 

f:id:milelove:20170108112342j:plain

正面からの「ホテル イルパラッツォ」。さすが「デザイナーズホテル」という個性的な外観です。

 

【ホテル イルパラッツォ】の場所、基本情報

総客室数:62室

チェックイン:15:00

チェックアウト:11:00 

今回の部屋:スタンダードダブル

部屋の広さ:27平米

ベッドサイズ:160cm x 200cm

アクセス:地下鉄中州川端駅10分、天神駅12分。

目の前の那珂川を渡ればキャナルシティ、中州までも徒歩すぐ、天神まで徒歩15分程度と非常に便利なロケーションです。

 

建築家アルド・ロッシ(Ald Rossi) 

f:id:milelove:20170108114950j:plain

 「ホテル イルパラッツォ」を手掛けたのは、イタリアの巨匠アルド・ロッシ。1989年に日本初のデザイナーズホテルとして完成した時は大きな注目を集めたようです。

 

アルド・ロッシと言えば、ミラノの「ガララテーゼ集合住宅」や、ジェノヴァの「カルロ・フェリーチェ劇場」など有名建築物を数々手掛けています。

 

そして、「ホテル イルパラッツォ」は1990年にプリツカー賞を受賞し、1991年アメリカ国外の建築物として史上初めてAIA(アメリカ建築家協会)名誉賞を受賞しています。

 

宿泊する際に事前情報で色々と蘊蓄が有ると、テンションも違ってくると思いますので、お勧めです(笑)。さらなる詳細はWikipediaなどで調べてみてください。

アルド・ロッシ - Wikipedia

 

フロント、雰囲気

f:id:milelove:20170108122340j:plain

 こちらは夜間ですが、入口の様子です。入ってからの通路は「デザイナーズホテル」ということで、広くはないですが、やはりとにかく「お洒落」という雰囲気です。

 

f:id:milelove:20170108122833j:plain

こちらフロントです。いかにも「ホテル」という雰囲気ではなく、2つ有るフロントデスクで座ってのチェックイン手続きとなります。ちなみに内装は内田繁の手によるもの。

 

f:id:milelove:20170108123131j:plain

フロントには「AIA(アメリカ建築家協会)名誉賞」 を受賞したことを記載した盾が誇らしげに飾ってありました。

 

f:id:milelove:20170108123324j:plain

エレベーターの前の雰囲気。ちょっと壺(?)が有るだけでも雰囲気違いますよね。

 

f:id:milelove:20170108123414j:plain

廊下の雰囲気です。照明は暗めですので、「ムーディ」と言えるでしょう。

 

部屋のレポート

f:id:milelove:20170108123950j:plain

入口から見た部屋の様子。左手がクローゼット、右手がバスルームです。

 

f:id:milelove:20170108124606j:plain

デスクと椅子とテレビ。

 

f:id:milelove:20170108125005j:plain

ベッドサイズはダブル(160cm x 200cm)。ライトの形が違うのもお洒落ですよね。

 

f:id:milelove:20170108131253j:plain

ベッド横にはソファとテーブル。ワーキングデスク以外にソファが有ると寛げますよね。

 

f:id:milelove:20170108131751j:plain

冷蔵庫はミニバーを兼ねたタイプ。空いたスペースは持ち込みで利用できます。

 

f:id:milelove:20170108132114j:plain

クローゼットは十分な広さ。消臭剤も完備です。

 

f:id:milelove:20170108132150j:plain

スリッパは使い捨てタイプ、パジャマは浴衣ライクな上下セットのものです。

 

f:id:milelove:20170108131414j:plain

部屋から見た入口の雰囲気。左のガラス越しのブラインドの先がバスルームです。

 

バスルーム・トイレ 

f:id:milelove:20170108131543j:plain

十分な広さのバスタブがあるバスルーム。

 

f:id:milelove:20170108131631j:plain

ブラインドを開けていると室内が見えるタイプですね。ブラインドを閉めれば部屋からは見えなくなるので、用途に合わせて。

 

f:id:milelove:20170108131853j:plain

デザイナーズホテルなので、シングルシンクで小さ目ですが、問題ない範囲です。

 

f:id:milelove:20170108132232j:plain

なんだか美味しそうなドリンクのようですが、アメニティです。ブランドはPOLAの「アロマエッセゴールド」。4つのゴールデンエキス(ゴールデンカモミール、マリーゴールド、ゴールデンシンク、ゴールデンホホバオイル)が入っているそうです。

 

f:id:milelove:20170108132533j:plain

トイレはバストは別の独立タイプ。「ホテル イルパラッツォ」では全室バスルームとトイレが独立しています。もちろんウォシュレット完備。

 

まとめ

ここまで、日本初のデザイナーズホテル「ホテル イルパラッツォ」を紹介してきました。「ホテル イルパラッツォ」では高層階にグランデフロアという、クラブルームに相当するよりラグジュアリーなフロアが有り、世界観をより満喫できると評判が良いようですので、次回滞在時には是非宿泊してみたいと思っています。

 

f:id:milelove:20170108133148j:plain

ということで、今回は「ホテル イルパラッツォ」の雰囲気を紹介してきました。2009年にリニューアルされ、より魅力的になった「ホテル イルパラッツォ」。仕事でも観光でもアクセスも便利ですし、是非機会が有れば宿泊を検討してみて下さい。

 

以上、デザイナーズホテルは、やっぱり良いですね、ためたろうでした。

 

九州・沖縄の食材がたくさん!お勧めの朝食ビュッフェは以下記事をどうぞ。 


スポンサーリンク