読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルミチ

「飛行機に乗るコト」「マイルを貯めるコト」「旅に関するコト」の情報発信を目指すブログ。

(台湾・台中)村全体がポップアート!虹の村「彩虹眷村」。アクセスは?雰囲気は?

今回の台湾旅行中に台中市にある「彩虹眷村」を訪問してきましたので、レポートをお送りします。

 

彩虹眷村とは? 

f:id:milelove:20161123214948j:plain

「彩虹眷村」は村全体がポップアートに彩られており、台中市の新たな名所として映画のロケ地になるなど、注目を集めています。

 

この「アート」は村に住む「黄永阜さん(黄じいさん)」というおじいさんが一人で2008年8月頃から「退屈だから」と書き始めたもの。「黄じいさん」はプロのアーティストでは無く、自己流で書きたいものを書いている、というのですから、驚きです。

 

そして、この「アート」が都市開発で取り壊しの危機に陥っていた「彩虹眷村」を救いました。黄じいさんの「アート」が評判を呼び、台中市長が村の取り壊しを中止したのです。すごいですよね。。

 

この背景(ストーリー)を知って、村を訪れると、さらに感じるものが多く有るという事で、今も多くの観光客が訪れている、という訳です。 

 

彩虹眷村の場所 

 

住所:台中市春安路56巷

場所:台中市中心部よりも南側、台鉄「台中駅」から南へ10km、台湾高速鉄道「台中駅」の北へ約4kmに位置しています。

入場料/営業時間:普通の村ですので、無料ですし、営業時間も有りません。ただ、普通に生活している空間ですので、常識の範囲内で早朝、深夜の訪問は遠慮しましょう。

 

「彩虹眷村」へのアクセス(行き方)

 「彩虹眷村」は観光地として有名になっていますが、観光客のアクセスとなると基本的にタクシーを利用することになると思います。タクシーで台鉄「台中駅」から約20分、台湾高速鉄道「台中駅」から約10分です。

 

観光名所として有名になっていますので、タクシーの運転手もすぐに分かってくれますし、「彩虹眷村」からの移動の際も観光客向けにタクシーが数多く待っていましたので、困ることは無いと思います。

 

勿論、台中市ではUBERも問題無く使えますので、UBERユーザーは活用しましょう。

 

「彩虹眷村」の雰囲気

f:id:milelove:20161123223421j:plain

この日はあいにくの天気だったのですが、日曜日ということもあり、多くの観光客で賑わっていました。現地の若者も多く、台湾で話題になっているであろうことが伺えました。

 

f:id:milelove:20161123224916j:plain

このように「普通の村」の至る所にアートが描かれています。

 

f:id:milelove:20161123225027j:plain

f:id:milelove:20161123225309j:plain

f:id:milelove:20161123225346j:plain

味の有る「アート」ですよね。村でこの「アート」に囲まれていると、ハッピーな気持になってくるから不思議です。

 

f:id:milelove:20161123225541j:plain

f:id:milelove:20161123225557j:plain

f:id:milelove:20161123225609j:plain

「黄じいさん」は観に来た観光客の幸福を願って絵を書いてくれているとのこと。

 

f:id:milelove:20161123225955j:plain

オリジナルグッズ売り場も有りました。 

 

ということで、今回は台中の新たな観光名所(?)「彩虹眷村」を紹介してきました。

 

「黄じいさん」は今も村に住み「アート」を生み出し続けています。台中を訪れた際には是非訪問して、「アートの村」を体感してみて下さい。 

 

以上、ためたろうでした。

 

台中市にある東海大学の素敵な教会「ルース・チャペル」の紹介は以下記事をどうぞ。 


スポンサーリンク