マイルミチ

「飛行機に乗るコト」「マイルを貯めるコト」「旅に関するコト」の情報発信を目指すブログ。

シンガポール旅行記5 「朝食チキン⇒チェックイン⇒昼食チキン」編

シンガポール滞在初日の朝を迎え、「フレグランスホテル ルビー」をチェックアウト。朝ご飯を食べに出発です。

f:id:milelove:20161001232458j:plain

ホテルの前の道を抜け、MRTの駅へ。朝ご飯はシンガポール名物「チキンライス」と決めていました。

 

今回の朝食は、事前調査で、「地元の雰囲気を味わいたいのでホーカーズ(フードコート)」で、「まだそこまでメジャーでは無く」、でも「評価は高いお店」、という条件に合致するお店を発見し、訪れることにしていました。

 

朝食「チキンライス」編

f:id:milelove:20161003014443j:plain

シンガポール旅行ではタクシー移動がメジャーだと思いますが、滞在時はF1シンガポールGP開催中。タクシーだと思わぬ回り道、渋滞等で時間が掛かってしまうことを懸念し、今回の移動はMRTをメインにしました。元々旅行先で鉄道に乗るのは、地元の空気感を味わえて好き、という理由も有ります。

 

シンガポールの鉄道チケットは、色々と種類が有るのですが、今回利用したのは画像の通り「Standard Ticket」。乗車1回ごとに利用する料金分だけチャージが必要、6回までしか使えない、というよくわからないシステムのチケットです。慣れればどうってこと無かったですが。。

 

シンガポールMRTのチケット等の情報については、「旅とマイルとコーヒーと」のissy-styleさんが詳しく解説されていますので、詳しく知りたい方は、是非上記リンクを参考にして下さい。

 

ホテルから30分程度MRTに乗車し、今回の目的地「Redhill」駅に到着です。

f:id:milelove:20161003015630j:plain

駅から歩いて7分程度で、「RedHill」のホーカーズに到着。目的の店は「華記鶏飯 HUA KEE CHICKEN RICE」。営業時間は10時から14時、しかも月曜、火曜が定休日という中々強気な営業形態のお店です。

 

お店の様子などは、上記記事に纏めていますので、是非ご覧ください。前日の成田空港ラウンジ食⇒ANAビジネスクラス機内食⇒そらとん、と既に食い倒れモード突入で、もたれ気味の胃でしたが、こちらのお店のチキンライスは非常に優しいお味で、本当にペロリと食べてしまいました。

 

朝10時というのに、地元の方々でごった返すホーカーズで席が無く困っていると、地元の?怖い顔をしたおじさんが席を詰めてくれて、「ここ座れ」と席を譲ってくれました。これで、今回のシンガポール旅行はいけそうだ、と思えたのも良かったですね。最初の印象って大事ですから。

 

さて、朝ご飯で腹ごしらえした後は、まだ朝10時30分ですが、再びMRTに乗りホテルへ。

f:id:milelove:20161003020800j:plain

ホテル最寄駅の印象的なオブジェ。滞在中に何度となく見ることになるこのオブジェを横目に「コンラッド シンガポール」へ向かいます。

 

ちなみに、朝も何度かヒルトンのスマホアプリで部屋のアサイン状況を確認しますが、アップグレードは有りません。。まあ、そりゃF1開催中だもんね、と納得しつつも、このままアプリではチェックインせず、ホテルでのチェックインに望みを託すことにしました。 

勝負のチェックイン編 

ホテル到着は11時頃。通常チェックイン時間は15時からですから、アーリーチェックイン出来なかったら荷物を預けて出発という予定です。

 

f:id:milelove:20161003021216j:plain

ホテルのロビーでは、F1レーサーをモチーフにしたアート作品の展示即売会が行われていたり、

f:id:milelove:20161003021418j:plain

F1シンガポールGPのコースを走れるリアルなレースゲームコーナー(無料)などが有り、F1ムードを盛り上げていました。このゲームにはチャレンジしてみましたが、本格的過ぎて難しかったです。。

 

ちなみに、「コンラッド シンガポール」は「マクラーレンホンダチーム」の宿泊先となっており、滞在中はアロンソやバトンに会ったらどうしよう?!と思いながら(一応)過ごしていました。

 

そんなこんなで、チェックインカウンターへ行くと、ダイヤモンド会員なので31階のエグゼクティブカウンターでのチェックインになるとのことで、31階へ案内して頂きます。

 

31階のカウンターでは、素敵なお姉さんによるチェックイン手続が始まり、11時なのに取り敢えず部屋に入れそうだと一安心。しかし、手続きの様子を見ている限り、部屋はアプリと同じ11階で決着していそう。そこで、駄目元で「出来れば高層階で眺めが良い部屋がいいなー」と言ってみます。

 

有無を言わせず却下かと思いきや、お姉さんが「探してみますね」と端末をカチャカチャ。そして、「20階の部屋なら用意できるけど、15時からの案内になるわ」と。

 

この後の予定を考えると、今すぐ部屋に入れる方が良いので、残念だけど諦めるしかないな、と、ちょっとがっかりしながら「それなら元の部屋で良いです。。」と回答。。。

 

その後、さらに端末をカチャカチャしているので、11階で手続きを進めているのかと思いきや、「あ、ひと部屋用意できそうだから、そこにしましょう」と、素敵なお姉さんが仰るではないですか。

 

「そして、部屋に案内するから、ついてきて」と、テクテク歩き出しました。部屋どこなんだろう?とついていくと、エレベーターホールを通り過ぎて、奥のゲストルームエリアへ。「ええ?!エグゼクティブラウンジと同じ31階のアサイン?」と心躍りつつ、ついてくと、やっぱり31階の部屋でした。

 

まさかの逆転アップグレードに感謝カンゲキ雨嵐。ありがとう~♪

部屋に入るとマリーナベイが見える大変素敵な眺望のお部屋。 

 部屋の詳細などは上記リンク記事に詳しく紹介していますので、是非ご覧ください。

 

f:id:milelove:20161003024512j:plain

部屋から見えた、黄色矢印の下は、F1GP開催中にLIVEをやっているステージです。今夜はレース後のトリに「QUEEN」が登場します。部屋までリハをやってる音が聞こえてきたりして、これまた、かなりテンション上がりました。

 

今回は相当残念そうな顔をしていたのか、良い部屋をアサインされてかなりラッキーだったと思いますが、「チェックインは現地でするまで、わからない」、ということを再認識したチェックインとなりました。

 

部屋に荷物を置いたら、さっき食べたばかりですが、そろそろお昼ご飯に出かけます。この日はこの後F1観戦なので、いまのうちに食べておく必要が有ったのです。

昼食ジンジャーチキン編

昼食はシンガポールの一大ショピング街「オーチャード」へ。

f:id:milelove:20161003030425j:plain

通りにはオブジェが沢山有り、お洒落な雰囲気。

 

f:id:milelove:20161003030531j:plain

ただ、とにかく観光客が多くて、道を歩くのも苦労する位でした。やっぱり「オーチャード」がシンガポール観光の中心地なんでしょうね。

 

f:id:milelove:20161003031306j:plain

そして、F1GP開催中っぽくこんなパネルも有りました。まあ、一応記念に写真を撮りますよね。

 

そして、昼食はジンジャーとチキンのハーモニーが絶妙と評判の「ジンジャーチキン」を「スープレストラン」にて。 

 詳細は上記リンクをご覧ください。特に生姜好きにとっては、本当に最高の店だと思います。

 

その後オーチャードを少しウロウロしながら、お茶でも頂こうと「JCB PLAZA Lounge SINGAPORE」へ。JCBカードを持っていれば利用できますので、ソラチカカードを握りしめて向かいます。 

 

f:id:milelove:20161003032107j:plain

はい、土曜午後は電話対応のみ、日曜・祝日は定休日ですので、お気を付け下さい。無駄足になりました。。もう一つシンガポールにある「JCB PLAZA SINGAPORE」(近所のT Galleria by DFS内 )は年中無休ですので、日曜・祝日に旅の相談などが有る場合は、そちらへ行きましょう。

 

ちなみに、シンガポール名物「チリクラブ」は注文方法が素人には分かりにくく、お会計が高くなりやすいので、有名店「Jumbo Seafood」で定額70シンガポールドルの明朗会計「JCBスペシャルメニュー」の利用がお勧めです。

 

利用の10日前までなら、JCBのサイトで予約可能ですし、現地についてからでも、上記二つの「JCB PLAZA」で予約して貰えます。

JCBのサイト:シンガポール | たびらば[旅LOVER] 海外旅行情報サイト シンガポール

 

わたくしも元々利用予定だったのですが、途中でF1GP開催に気付いて、F1GP観戦を予定に組み込んだために、泣く泣く今回は「チリクラブ」を断念しました。

 

 JCBスペシャルメニューのチリクラブに関しては、「マイルで100の世界遺産!旅行記」のTortさんが、上記リンクで詳しく解説していますので、興味のある方は是非参考にしてください。チリクラブ、食べたかった。。

 

さて、昼ご飯も食べて満腹状態ですので、いよいよF1シンガポールGP観戦へ向かいます。

 

以上、ためたろうでした。

 

<次回の旅行記> F1シンガポールGP観戦レポート

  

<前回の旅行記>シンガポール旅行記4 フレグランスホテル ルビー滞在記 

スポンサーリンク