読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルミチ

「飛行機に乗るコト」「マイルを貯めるコト」「旅に関するコト」の情報発信を目指すブログ。

(ドイツ世界遺産)「ヴィースの巡礼教会」観光記。

今回紹介するのは1983年ユネスコの世界遺産にも登録された「ヴィースの巡礼教会」です。

ドイツの「ロマンティック街道」終点に位置し「ノイシュヴァンシュタイン城」から車で約30分(約25km)程度でアクセスすることが出来ます。

 

f:id:milelove:20160621004238j:plain

「ヴィース」とはドイツ語で「草原」という意味。「ヴィースの巡礼教会」は文字通り「草原」の中にこじんまりと建つ教会です。

 

f:id:milelove:20160621004417j:plain

周りの風景は、このように本当にのどかな草原です。

 

f:id:milelove:20160621004544j:plain

年間100万人が訪れているとは思えない素朴な外観です。知らなければ中に入ることも無く通り過ぎてしまいそう。

 

f:id:milelove:20160621004902j:plain

入口の様子です。向かって左側には「ユネスコの世界遺産」のプレート。右側には見学可能時間等の案内。

 

f:id:milelove:20160621005122j:plain

教会に関する案内掲示のアップです。協会が開いている時間は8時~20時。

この日、観光客が入れない時間帯が10時~12時、14時30分~16時、19時~20時との説明があります。結構入れない時間帯も有るので注意が必要ですね。

 

では、いよいよ入口の扉を開け、中に入ります。

f:id:milelove:20160621005711j:plain

入った瞬間、雰囲気に圧倒されます。この素晴らしい装飾から「ヴィースの巡礼教会」はロココ様式の最高傑作と評されています。

 

f:id:milelove:20160621010052j:plain

「主祭壇」に近付いてみます。とにかくただ事ではない装飾の数々に時が経つのを忘れます。

 

f:id:milelove:20160621010256j:plain

「主祭壇」には「鞭打たれるキリスト」の像。1738年にこの像が涙を流したことが「ヴィースの涙の奇跡」として広まり、巡礼者が多く訪れるようになったと言われています。

 

f:id:milelove:20160621010842j:plain

「天から降ってきた宝石」と称賛されている天井のフレスコ画。写真下部中央に見えている主祭壇の最上部に有る像は「高挙された仔羊(キリストの化身)」と言われています。

 

f:id:milelove:20160621011320j:plain

「主祭壇」手前左の「説教壇」とされる柱。司祭がこの壇上に登場していたのでしょう。「説教壇」の下には「イルカに乗った少年像」もあります。豪華絢爛な装飾。

 

f:id:milelove:20160621012042j:plain

身廊左には「北の祭壇」と呼ばれる祭壇。

 

f:id:milelove:20160621012317j:plain

身廊右にも同じく小さな祭壇が有ります。どちらも美しいです。

 

f:id:milelove:20160621013821j:plain

天井画に描かれた、閉ざされた「天国の門」と1757年製作の金で装飾されたパイプオルガン。

 

ということで、今回は草原に建つロココ様式が素晴らしい教会「ヴィースの巡礼教会」を紹介してきました。

教会等になじみが無くても、とにかく一見の価値は有ると思いますので、「ロマンティック街道」観光の際は是非、足を延ばしてみることをお勧めします。

 

以上、ためたろうでした。

 

 ヴィース教会とセットで観光!「ノイシュヴァンシュタイン城」観光にお勧めホテルは以下記事を参考にどうぞ。


スポンサーリンク