マイルミチ

「飛行機に乗るコト」「マイルを貯めるコト」「旅に関するコト」の情報発信を目指すブログ。

インターコンチネンタルデュッセルドルフ 宿泊記 1キングベッド エグゼクティブ スイート

今回はデュッセルドルフのお洒落な並木道「ケーニヒスアレー」にある「インターコンチネンタル デュッセルドルフ」をご紹介。

 

【インターコンチネンタル デュッセルドルフ】

チェックイン:15:00

チェックアウト:12:00

 

デュッセルドルフ空港(DUS)からのアクセス:「Sバーン11」で15分のデュッセルドルフ中央駅から、徒歩15分程度。もしくは、空港から直接タクシーで40分程度。

※空港からモノレール(スカイトレイン)に乗って行く空港駅ではなく、Sバーンは歩いて地下に降り空港ターミナル駅(D-Flughafen Terminal S)からの乗車になるのでお間違え無く。

 

部屋:1キングベッドエグゼクティブスイート(1KING BED EXECTIVE SUITE)

広さ:58平米

 

f:id:milelove:20160514181904j:plain

デュッセルドルフ中央駅です。国際列車含め様々な列車が乗り入れていますので、結構な賑わいでした。

 

f:id:milelove:20160514182157j:plain

この駅前の通りを歩いて15分程度でインターコンチネンタルホテルデュッセルドルフに到着します。

 

f:id:milelove:20160514182316j:plain

2階から見たロビーの様子です。とにかく全体を通して落ち着く「お洒落」な雰囲気のホテルで心地良い滞在となりました。

 

ということで、ここからはお部屋のご紹介。

 

f:id:milelove:20160514182836j:plain

入ってすぐのこの雰囲気。流石です。

(部屋の中から見た入口の写真です)

 

f:id:milelove:20160514183111j:plain

入口横のクローゼットです。部屋の中にもクローゼットが有ったので、ここには靴を入れましたが、こんなにスペースいりません(笑)。

 

f:id:milelove:20160514183345j:plain

そして、部屋の中のクローゼットは「ウォークインクローゼット」でした。ここも十分な広さ。スーツケースも置けるようになっていました。

アイロン、セーフティボックスもここに有ります。

 

f:id:milelove:20160514183711j:plain

入ってすぐの寛ぎスペース(リビングルーム)。右側に仕事用のデスクも有りました。

 

f:id:milelove:20160514183840j:plain

リビングルーム側から見たベッドルーム。

 

f:id:milelove:20160514184121j:plain

ベッドルーム側からのリビングルーム。二つの部屋は扉で仕切ることも可能でした。

 

f:id:milelove:20160514184257j:plain

ベッドです。枕元コンセントは電話の横に2口有りました。

 

f:id:milelove:20160514184514j:plain

バスルームです。

 

f:id:milelove:20160514184553j:plain

入って右側がシャワーブースとトイレ。

 

f:id:milelove:20160514184708j:plain

左側がバスタブです。バスタブ有ると良いですよね、やっぱり。

 

f:id:milelove:20160514184811j:plain

アメニティはインターコンチネンタル標準の「ロクシタン」です。

 

f:id:milelove:20160514185206j:plain

f:id:milelove:20160514185235j:plain

ネスプレッソ、自分で入れるコーヒー等も、勿論有ります。

 

f:id:milelove:20160514185325j:plain

アンバサダー特典でガス入りの水が瓶で2本。飲んだ分は翌日補充されていました。そういえば、フルーツは有りませんでしたね。 

 

ということで、ホテル全体の雰囲気が素晴らしく、非常に気に入ってしまった「インターコンチネンタルデュッセルドルフ」を今回は紹介してきました。

宿泊費はインターコンチとしては高い方ではないので、デュッセルドルフに滞在予定が有れば、是非候補として検討してみて下さい。

 

以上、分不相応に5つ星ホテルが癖になりそうな、ためたろうでした。

 

滞在時には利用がお勧め。クラブラウンジについては、以下記事をどうぞ。 

 

「インターコンチネンタル」にお得に泊れる!ホテル上級会員になる方法については、以下記事をどうぞ。 

 

スポンサーリンク