読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルミチ

「飛行機に乗るコト」「マイルを貯めるコト」「旅に関するコト」の情報発信を目指すブログ。

ポイントサイトとの連携が最強! 「ソラチカカード」によるマイル交換ルートを解説!

(※最終更新日:2017年2月5日)

 

ANAマイラーがマイルを貯める為には「ポイントサイト」の活用が非常に重要であることは、以下の記事で紹介しています。 「ポイントサイト」って何?という方は、まずは以下の記事からご覧ください。

 

さて、今回の記事では「ポイントサイト」を活用して貯めたポイントを、効率的にANAマイルに交換する方法を紹介します。

 

注意点としては、各「ポイントサイト」から直接ANAマイルに交換も出来ますが、直接交換は例外なく交換率が悪くなりますので、絶対にNGです。交換率を高める為には、「中継サイト」を中継する必要が有り、そうすることで初めて高交換率で貯めたポイントをANAマイルに変えることが出来ます。

 

その方法を今回の記事では解説しますので、ANAマイルを効率的に貯めたい方は、是非最後まで熟読してANAマイルを爆発的に貯めましょう!

 

現時点ANAマイルを最も効率よく貯めるルート 

理解すれば簡単なのですが、文章だけですと、イメージしにくいと思いますので、最初に以下の図をご覧ください。 

f:id:milelove:20170205205850j:plain

これが、今後「ポイントサイト」で貯めたポイントを効率よくANAマイルに変えていく基本ルート「ソラチカルート」のイメージ図となります。 

 

まずは、なんとなくこういうルートで交換する必要が有るのだな、ということをイメージしておいてください。

 

交換ルートでカギになるのは「ソラチカカード」!

一番重要なのは、先ほどの図の「中継サイト(2)」に位置している、 「ANA ToMe CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」です。

 

f:id:milelove:20151230005008j:plain

何故「ソラチカカード」がカギになるのか?

 

それは、「ポイントサイト」で獲得したポイントを、「ソラチカルート」でANAマイルに交換すると、0.9倍で交換が可能だからです。現時点ここまで高交換率のルートは「ソラチカルート」以外有りません。

(例えば、楽天ポイント、Tポイントは0.5倍の倍率でしかANAマイルに交換できません。調べれば分かりますが、その他のサイトからの交換でも倍率は軒並み低いです)

 

「ソラチカルート」って、何故わざわざいろんなサイトを経由して迂回するの?と、馴染みがない方には、すぐにはわからないと思います。

 

しかし、冒頭にも述べましたし、繰り返しになりますが、効率良くANAマイルに交換する為には、ANAマイルへ直接交換ではなく、いろんなポイントを迂回するというちょっと手間をかける必要が有るのです。

 

そして、そのルートは日々効率よくマイルに交換するルートを探している、ANAマイラー諸先輩方の探求の成果でも有る訳です。ありがたくその恩恵に授かろうではないですか!!(笑)

 

中継サイト(1)も登録必須!

 

ということで、ポイントサイトのポイントを効率良くANAマイルに交換したいなら、ソラチカカードへの道「中継サイト(1)」も必ず経由する必要が有りますので、こちらの登録も必ず済ませましょう。

 

・中継サイト(1)のひとつ「ドットマネー」

 

・中継サイト(1)のひとつ「Pex」 

 

「中継サイト(1)」はケースバイケースで使い分けましょう。「ドットマネー」は手数料が一切掛からないのが大きなメリットですがポイント有効期限が6か月ということに注意しましょう。逆に「Pex」は有効期限が事実上無いのですが、交換手数料がかかるというデメリットがあります。

 

また、「ソラチカルート」の図を見て頂ければわかりますが、「Pointtown」は「Pex」としか交換出来ないなど、制限も有りますので、それは活用する中で自分のやり方を見つけていきましょう。

 

マイルを貯めるために「ソラチカカード」を早速作ろう!

ということで、「ポイントサイト」で貯めたポイントは「ソラチカルート」でANAマイルに交換することがベストであり、その為には「ソラチカカード」を作る必要が有るという事がわかって頂けたと思います。

 

ここで「ソラチカカード」を作る際にも「ポイントサイト」経由でポイントを貯めれるのでは?!と思ったあなたは、良いですね。陸マイラーの素質ありです(笑)。

 

ただ、以前は「ポイントサイト」経由で「ソラチカカード」を発行するという案件でポイントをGET出来ていたのですが、おそらくANAマイラーが大量に発行した為に、現在は残念ながらポイントサイトでポイントを貰える発行案件は無くなっております。

 

通常通り、以下の公式サイトから申し込みましょう。

www.to-me-card.jp

 

「ソラチカカード」は、ブランドがJCBですので、以前は既に持っているANAカードがJCBの場合は重複発行出来ませんでしたが、現在は出来るようになっています。ただ、一部制限もあるようですので、ANAカードは出来ればJCB以外のブランドがお勧めです。

 

また、「ソラチカカード」でも「ANAのマイレージ会員番号」=「AMC番号」が発行されますが、今持っている番号と統合することが可能ですので、その手続きは忘れずに実施する必要が有ります。

 

複数のAMC番号を統合するには、今使っているAMC番号を親番号、「ソラチカカード」のAMC番号を子番号として登録してしまえば、特に意識することなく今までのAMC番号で利用できます。 

 

ソラチカルートの制限 

また、注意事項として、「ソラチカカード」から「ANAマイル」へは月に2万ポイントしか交換できないという制限が有ります。この制限により「ソラチカルート」経由でのANAマイルは毎月1万8千マイルが最大獲得マイルとなります。

 

色々なANAマイラーのサイトで「年間最大21万6千マイル獲得!」と言っているのは、この1万8千マイルx12か月という制限を目いっぱい使った結果です。

 

月に2万ポイント以上獲得できるようになったら?

いきなりは難しいですが「ポイントサイト」を活用出来るようになってくると、月2万ポイント以上交換しないとポイントが溢れてしまう状態になります。

 

その場合は、「中継サイト(2)」を「Tポイント」に変えてしまいましょう。そうすれば、月に「1万ポイント」まで「0.5倍」にてANAマイルに交換可能です。「0.5倍。。。」少ないですよね、、、。でも「ソラチカルート」以外のルートはその程度が相場です。如何に「ソラチカルート」が凄いか分かりますよね。

 

このルートで獲得できる「5,000ANAマイル」と「ソラチカルート18,000ANAマイル」、合わせた月間23,000ANAマイルが、現時点「ポイントサイト」経由で「ANAマイル」を獲得可能な最大値となります。

 

<本日のポイント>

「ポイントサイト」でポイントを貯めた後は、「ソラチカルート」を経由してANAマイルに交換するルートが「0.9倍」となり一番効率的!

(このルートの肝である、「ソラチカ⇒ANAマイル」の 0.9倍がいつまで使えるか分からないので、使えるうちは活用していきましょう。)

 

ということで、とにかくANAマイラーならソラチカカード!知らない人は損してます!ということがわかって頂けましたでしょうか。

 

「ポイントサイト」はANAマイラーなら登録必須!です。

実は飛行機に乗って貯まるマイルとクレジットカード決済のポイントで貯めるマイルも限界が有りますよね。

ということで、マイルを貯めるチャンスがごろごろ転がっている、ポイントサイトに登録がまだの方は、さっさと登録してポイントを貯めましょう。

 

【ハピタス】

ANAマイラーにお勧め。幅広いジャンルでポイントが貯まります。

しかも、ポイント還元率も業界最高水準。

ハピタス公式サイトの登録はこちらから。

↓のバナーからの登録で、2017年4月30日までの初回交換で、なんと1,000ポイント(1,000円相当。ソラチカルートで900ANAマイル相当)プレゼント!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

【ちょびリッチ】

クレジットカード発行案件に強い「ちょびリッチ」。以下バナーからの登録後、登録月の月末までに1ポイント以上獲得で、500ポイントプレゼント♪ 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ 

 

【ポイントタウン】 

ショッピング等幅広い分野に強い「ポイントタウン」

運用がGMOグループというのも安心材料です。

しかも以下バナー↓からの登録で500ポイントゲット!

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

ということで、「ポイントサイト」を活用して貯めたANAマイルで海外旅行へ行きましょう!!! 

 

以上、ためたろうでした。

 

繰り返しになりますが、これらの「ポイントサイト」の詳細に関しては、以下の記事を参考にどうぞ。

スポンサーリンク