読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルミチ

「飛行機に乗るコト」「マイルを貯めるコト」「旅に関するコト」の情報発信を目指すブログ。

オーバーブッキングで1万5千マイルをゲット?!「フレックストラベラー制度」を知ってますか?

マイルを貯める方法も色々ありますが、「フレックストラベラー制度」ってご存知でしょうか?

 

そもそも航空会社は、飛行機を飛ばす限りは出来る限り搭乗率を100%に近付けたいと考えているものです。

 

しかし、乗客が急きょ予約をキャンセルしたり、予約しているのに来なかったり、必要な席数は刻一刻と変動し、航空会社にとって、空席が出るリスクは常に存在することになります。

 

そこで、航空会社は空席が出るのリスクを減らすために通常は座席数よりも多い予約を受けてしまっています。

 

ところが、気まぐれな乗客が全員来てしまったら?

団体客ががっつり予定通り乗ってきたら?

もしくは急きょVIPが席を確保してほしいと依頼してきたら?

座席が足りませんよね。

これが、いわゆるオーバーブッキング状態です。

 

そこで、登場するのが「フレックストラベラー制度」。

  

空港で搭乗待ちをしている時、「○○便は座席数が不足しており、協力して頂ける方を探しています、うんぬん・・・」というアナウンスを聞いたことが無いでしょうか?

座席が不足した時、航空会社はこのようなアナウンスを流し、協力者を募ります。

当初予定していた便では無く、別の便に乗っても良いという乗客を探すんです。

 

その場合、協力者は以下のような紙を貰って、結果を待ちます。

(※参考画像:ANAの場合)

f:id:milelove:20151107015710p:plain 

 

 

もちろん、協力者は無償で協力する訳では無く、それなりの「対価」をもらえます。

 

対価の相場は以下の通り。

・当日の便に振り替えの場合、1万円もしくは7,500マイル

・翌日以降の便に振り替えの場合、2万円もしくは15,000マイル

 

これって、自分の都合がつくのであれば、マイラー的に「美味しい!」と思いませんか? 

 

ただ、結果的に「すべてのお客様がお乗り頂けるようになりました・・・うんぬん」と、「フレックストラベラー制度」は使われない事の方が多いんですけどね。。

航空会社も、限りなく搭乗率を100%に近付けつつ、オーバーブッキングを出さないよう必死に調整をしてきますので。

 

とはいえ、時間に余裕が有ればマイルを効率よく入手できる「フレックストラベラー制度」。

こういう制度が有るという事を認識しておいて、繁忙期や満席の便に搭乗予定の時はアナウンスに耳を澄まし、チャンスが有れば挑戦してみて下さい。

 

マイラーたるもの、あらゆるチャンスをマイルに変えていきたいものです。

 

対価をマイルでもらう場合は事前に「AMCフレックスパートナー」に登録が必要となりますので、注意が必要です。

 

以上、ためたろう でした。 

スポンサーリンク